歯列治療中の人に

■Q1. ワイヤーが刺さって痛いのですが...
歯が動いてくると、どうしても、一番奥からのワイヤーが突き出てしまうことがあります。この先端部分が舌や頬の内側に当たって痛くなります。この場合は早急に予約をとって診てもらうか、シリコン製のブレスリリーフを貼ってしのぐかのいずれかになるでしょう。

■Q2. お茶やコーヒーを飲むとワイヤーが締まる気がする
最近よく利用されている合金(TiとNi)は、温度によってワイヤーの弾性が変化する性質を帯びています。一般的に、体温よりもワイヤーの温度が高くなると力が強くなり、低くなると弱くなります。

■Q3. 歯茎が腫れてきたように思いますが...
ブラケットと歯茎の間の部分をしっかりブラッシングしましょう。そうすることで、歯茎の腫れも徐々に治ってきます。約2週間で元通りになります。

■Q4. 透明なブラケットを付けていて、ワイヤーも透明なものがあると聞きました。
QCMという製品(ブラケットもワイヤーもプラスチック製)のことだと思います。確かに目立たない感じです。しかし、どんな歯並びの人にも適合するというわけではないようです。歯の移動量が多いケースやワイヤーに持続的な力を出していく場合は、あまり向かないのではないでしょうか。が、治療の速度が明らかに早くなるのはTi-Ni系のワイヤーの方ではないでしょうか。

■Q5. いいブラケット、悪いブラケットがあるって?
金属ブラケットの種類は数十種にも及びます。治療方法の違いなどで、それぞれの特徴にあったブラケットの種類を選択しているようです。
セラミックブラケットの場合、最大のデメリットは、ブラケットを撤去する時、歯を破折する恐れがあるということです。実際、ブラケットの種類によっては、歯の表面が剥がれたりする事故も起こっているようです。しかし、外し方次第で同じブラケットでも安全に取ることもできます。

■Q6. 治療を始めてから口内炎ができやすいのですが...
頬の内側や舌が装置に当たって傷ができ、口内炎ができやすくなります。これは歯の表側、裏側どちらに装置をつけても同じことがいえるでしょう。最近話題の酸化電位水でうがいをすると口内炎ができにくいようです。これについては、電解水のホームページをご参照下さい。

■Q7. 治ってきているのかわかりません
治療前の口腔内写真と現在の口腔内写真を見比べてみると変化が分かるのではないでしょうか。見せてもらうよう、担当の先生に依頼してみましょう。また、理想的な噛み合せのページで再チェックしてみましょう。

■Q8. 歯に付けるブラケットが取れてしまいました。大丈夫ですか?
矯正治療で使用するブラケット装置は、治療が終り次第撤去することになるため、虫歯の治療のように絶対にとれない強さで締め付けてはいません。そのため、食べ物を噛んだ時などに外れてしまうことがあります。

歯科医院SEO対策ならお任せください。被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き!>

PMTCの利用で、通常の歯ブラシでの歯を磨くことで消し去ることのできない色素の定着や、歯石を含まない要らない物、ヤニなどをほぼすべて排除します。
まず最初に、ハミガキ粉を使わずにしっかりみがく方法を覚えてから、仕上げする折に少なめの歯磨き用の洗浄剤を利用するとなおよいでしょう。
近頃では医療技術が一気に進歩し、驚くことに無針注射器や各種デンタルレーザー治療器を使用することで、痛みを大分軽減できる「無痛治療」というカテゴリーが開発されているのです。
プラークコントロールという言葉からは、歯ブラシでのブラッシングを連想する場合が大多数だと感じますが実際はそれ以外にも多様なプラークコントロールの扱い方があるとされています。
キシリトールにはムシ歯を防止する役目があるとされる研究結果の発表があり、その後から日本はもちろんの事世界中のいろんな国で非常に盛んに研究がなされました。


歯表面にプラークが貼りつき、その箇所に唾液の成分中にあるカルシウムやほかの数種類のミネラル成分が一緒に固まって歯石が作られるのですが、その因子は歯垢にあるのです。
唾液分泌の衰え、歯周病と同様に、入れ歯の使用で生まれる口腔内の臭いなど、加齢と口臭の相関関係には大変何種類もの誘因事項があるそうです。
寝ている間は分泌する唾液量が格段に微量なため歯の再石灰化が働かず、phが不安定な口腔内の中性の具合を確保することが難しくなるのです。
歯に付着する歯石はプラークと違って硬質なために、歯ブラシでの歯みがきでかき取るのが大変になるばかりか、気持ちの良い細菌に向いた住処となって、歯周病を起こします。
審美歯科に懸かる医療では、「悩んでいるのはどうしたものか」「どんな笑い顔を手に入れたいか」をじっくりと検討することからまず着手されます。


審美歯科によって行われる診察は、「悩まされていることはどのようなことか」「どういった笑い顔を得たいと思っているのか」を適切に話し合うために時間をとることからまずスタートします。
ドライマウスというのはストレスのせいで発症するのも珍しくないため、更にこれから先の社会では働き盛りの年代の男性にも症状が現れる危険性は大いにあるのです。
これは顎を使うと同時に顎関節にカクカクと異音が聞こえるもので、顎関節症の症状としてはもっとも頻繁に確認され、著しく早期に頻繁に出現している現象です。
ビオラ社のエムドゲイン剤を歯周外科の治療実施時に患部に塗布すれば、乳歯が初めて生えた時の様態と等しく、強堅にフィットする歯周再生の促進が可能になります。
歯肉炎を起こすと、歯のブラッシングの時、りんご等を噛んだとき、歯グキから血が出たり、歯茎がなんだかむず痒いなどのこのような状態が発生するようになります。

インプラント対策の長所は、入れ歯の短所を簡単に解決してしまうことや、本来に近い歯に対策することはできたり、インプラントを実施した歯以外の歯を守ることが言われます。
いまではたくさんの人に愛用される事になった、例のキシリトールを含有するガムの作用による虫歯予防方法も、そういった研究開発の結果、築き上げられたものと言う事ができます。
自分でさえ気付かないうちに、歯に裂け目ができている事も想定されるので、ホワイトニング処理をする場合には、じっくりと診察してもらう事です。
エムドゲイン誘導剤を歯周外科治療の時に患部に塗布すれば、乳歯が初めて生えてきた時の様態と類似した、がっちりとくっつく歯周再生の活性化が叶います。
審美の方面でも仮歯は肝要な働きをします。両目の間をつなぐ直線と前歯の先の部分が平行でないと、まるで顔の全部が歪んでいる雰囲気を受けます。

目下、ムシ歯に悩んでいる人、ないしは予て虫歯で悩んでいた人、日本人のおおよそ9割がこのようなムシ歯菌を、確実に保持していると見て間違いありません。
艶やかで美しい歯を望んでいるなら、要領良く美容歯科を活用してみてください。腕の確かな美容歯科では、総合的に見て万全なに医療を完遂してくれる専門の歯科医院です。
なり始めの頃は歯周病を発生させる菌が歯の表面に密着し、そのせいで歯ぐきに炎症が生じてしまって赤くなって熱を持ってしまったり、ハブラシで歯を磨くと血が出てしまったりする状態が歯肉炎の病状なのです。
プラークコントロールと聞くと、毎日の歯みがきを思い描く方の方が大半だと予想しますが、ほかにもあらゆるプラークコントロールの使用方法が存在するようです。
気になる口臭を抑える作用がある飲み物としては、コーヒーが知られていますが、あまりにも飲み過ぎるとなぜか口のなかがカラカラに乾き、かえって口の臭いの原因となるのです。

歯科技工士が作った義歯の装着部から剥がすことが行えるというのは、年月を経るにつれて変わっていく歯とアゴの様態に対応して、整備ができるということです。
睡眠中は唾液の出る量がかなり少量のため、再び歯を石灰化する機能が効かず、phが不安定な口腔内の中性のph状態をそのまま保つことができません。
きちんとした日常生活を念頭に、唾液からの復元作業に拍車をかけることに注目した上で、虫歯への構えということについて考慮する事が思わしいのです。
歯を長期間存続させるためには、PMTCはとても大事であり、この事が歯の治療した効果を末永く存続できるかどうかに、多大な影響を与えるのも確実です。
上の歯と下の歯の噛み合わせのトラブルは、口の開閉に不便を感じる顎関節症の要因のひとつではありますが、まだ他にも病根が確かにあるはずだという考えが一般的に変わってきました。